効率よく暮らす

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

効率よく暮らす

少しの労力で最大限の効果を。時間とお金のミニマリストを目指してます。

オムツの消臭袋はBOS(ボス)がおすすめ。これさえあればオムツ専用ゴミ箱必要なし!

赤ちゃん育児

広告

離乳食がはじまったら、途端にオムツの臭いが強烈に!

それまでカートリッジがいるようなオムツ専用ごみ箱ではなく、普通のフタ付きゴミ箱を使っていました。

これはいよいよオムツ専用ゴミ箱を買うべきか・・・。 

そう思っていたら、ものすごく臭わないオムツの消臭袋があるという噂を聞きました(もちろんネット情報です)。

その名も、「おむつが臭わない袋」。

そのまますぎ!!!

正式名称は「驚異の防臭袋 BOS(ボス)」というようです。

使ってみて納得の効果でした。だって、フタ付きゴミ箱すらいらなくなったのですから!

それではさっそくレポしたいと思います。

驚異の防臭袋 BOS(ボス)とは?

「BOS(ボス)」はクリロン化成という会社が作っています。この会社は医療用の便を収容する袋を開発してきたメーカー。だからこんなに臭わないのですね!

詳しくはこちら。
「BOS(ボス)」が驚異の防臭袋と呼ばれる理由をご紹介します。

臭いがしないだけでなく、ガサガサ音がしない柔らかい素材にもこだわって開発されたのですね。

全く臭いがしない、まさに驚異!

1人目が赤ちゃんだった時はこの「BOS(ボス)」の存在を知らなくて、他メーカーのオムツ用消臭袋を使っていました。

臭いはかなり抑えられていましたが完全ではないので、うんちはできる限りトイレに流していました。使用済みのオムツを消臭袋に入れて、それをまたフタ付きゴミ箱に入れていました。

ゴミ箱のフタを開けると「もわっ」と嫌な臭いがやはりしました。でもそれは仕方がないと諦めていました。

しかしこの「BOS(ボス)」に入れると、本当に全く臭わないので、うんちは流さずにそのまま入れているし、オムツ専用のゴミ箱ではなくて、キッチンに置いてある家庭用のゴミ箱(我が家は1階にゴミ箱はこの1つしかありません)に一緒に入れています。

キッチンですよ、キッチン!

普通だったらあり得ないですよね。でも、全く臭わないからそれが可能なんです。

つまり、今まで家庭用ごみ箱とオムツ専用ごみ箱と2つあったのが、1つのゴミ箱で済むようになったのです。

これがどれだけすごいことかというと、

面倒なゴミ袋のセットが1回で済む

という画期的な時短が実現したのです(ちなみにゴミ捨ては夫担当なので、回収は夫がやってます)。

今は後追いが激しくてうんちをトイレに捨てに行くのすら泣かれてたいへんなので、そのまま袋に入れるだけでいいので本当に助かっています。

サイズの違い・選び方

「BOS(ボス)」の赤ちゃんのオムツ用製品には「SS」「S」「M」「ロング」の4種類あります。

どのサイズを選んでいいか迷ったので、2タイプを購入しました。「S」と「ロング」です。

BOS サイズ

並べると大きさの違いはこんな感じです。

Sサイズは1枚9.6円、ロングサイズは1枚19.2円です。

入る量はSサイズはオムツ3個、ロングサイズは1個ずつ結ぶなら4個、2個ずつ結んだら6個入りました。

おしっこの場合はある程度オムツがたまってから袋に入れて密封できますが、うんちのオムツはすぐに袋に入れて処理したいので、結局はロングタイプばかり使っています。Sサイズはまとまって捨てられる時とお出かけ用に数枚バッグに入れておくような使い方です。

今後追加購入する時はロングタイプにします。

ボス Sサイズ
ちなみに、Sサイズの袋には取り出し口が付いていて使いやすくなっています。これがロングにもあるといいけれど、形状的に無理なのかな。

おわりに

高機能なオムツ専用ゴミ箱を買わなきゃいけないかと思ったら、普通のフタ付きゴミ箱すらいらなくなった、というまさに「驚異の防臭袋」ですね。

オムツ以外の他にも臭いの気になるものにも使うといいと思いました。例えば真夏の生ごみとか。

オムツの臭い対策に困っている方は、ぜひお試しあーれ!