効率よく暮らす|子育て・節約・時短家事を日々研究するミニマリストな40代主婦のブログです

楽に生きるのが大好きな2児の母。気になるコト、モノ、なんでも試して紹介するブログです。あなたのお役に立てれば。

ブラーバが充電エラーになった時の対処法。修理の手順をブログで詳しく解説!

スポンサーリンク

f:id:sweet-orange:20200315013115j:plain

お掃除ロボットの「ブラーバ」を購入して4年が経ちました。

意外と頻繁に起こるのが

「充電エラー」

なんですよねー(´・ω・`)

この充電エラー、「簡単に直る場合」と「修理に出さないと直らない場合」とがあります。

今回の記事では私の今までの経験に基づいて「充電エラーの簡単な直し方」から、「完全に故障してしまった時の対処法」まで、ブラーバの充電エラーにお困りの方に役に立つことを書きたいと思います。

床拭きロボット ブラーバ | アイロボット公式サイト

ブラーバの充電エラーはどんな状態?

まずはブラーバが充電エラーを起こした時の状態を確認しましょう。

  • 赤いランプがぼやーと点灯。
  • 「ピコーン、ピコーン、ピコーン」と3回エラー音。
  • これを数分おきに繰り返す

我が家のブラーバが充電エラーになるとこの状態になります。

一度この状態になったら、何か対処しない限りずっとこのままです。

充電エラーになったらまずバッテリーを交換しよう!

充電エラーになったからといって、すぐに修理に出す必要はありません。

まずは「バッテリーの交換」をするだけで直ることもあります。

実際、我が家のブラーバは4年間ずっとバッテリーの交換で充電エラーの対処をしてきました(ただし、つい最近それでは対処できなくなって修理に出したんですけどね)。

バッテリーはメーカー純正品が推奨されてるけど非純正品もあるよ

ブラーバのバッテリー、すごくいいお値段(婉曲表現)するんですよね。

8,570円、チーン…。

いやいやいや、消耗品であるバッテリーにこの値段は出せませんて!

実はブラーバのバッテリーには非純正品もあります。メーカーは「故障の原因になるし動作保証できない」と推奨してません。

が!私は安さにつられて非純正品を使っています。

初めてブラーバ本体を購入した時以外、ずっとこの非純正バッテリーを利用していますが、一度も問題はありませんでした。

(メーカーは推奨してないのであくまでも自己責任でお願いします!)

バッテリーの交換の仕方

ブラーバ裏側にある溝を10円玉かマイナスドライバーで回し、フタを外して古いバッテリーを取り除き、新しいバッテリーを取り付けます。

 これだけ!

それでも直らなかったらサービスセンターに電話する 

 これまではずっとバッテリーの交換で直ってきたのですが、とうとうバッテリーを交換してもずっと同じエラーが出続けるようになってしまいました…。

仕方がないので修理に出すことに。

修理は、

  • 購入した販売店
  • アイロボット(ブラーバのメーカー)のサービスセンター

 

このどちらかを選ぶことができます。

私はネット通販で購入したので、アイロボットのサービスセンターに電話して修理を申し込みました。

ここから、アイロボットのサービスセンターで修理をする大まかな流れは、

  • サービスセンターに電話する
  • 自分で箱に詰める
  • 配送する
  • 見積金額を電話で聞く(修理を拒否することも可能)
  • 修理されたブラーバを受け取る

でした。ここから詳しく説明します。

アイロボットサービスセンターに電話する

まずは電話で修理の申し込みをします。

電話番号:0120-046-669

アイロボットケア|アイロボット公式サイト | iRobot

 あとはオペレーターと会話して

  • ユーザー登録(名前と住所を伝える)
  • 故障の状態のヒアリング
  • 修理に関する手順の説明

以上のようなやり取りがありました。

ブラーバを自分で箱に詰める 

ブラーバを箱に詰めて配送の準備をします。

購入時の箱を取ってある人はその箱が使えますが、我が家は捨ててしまったので段ボールをちょうどいいサイズにしました。

箱に詰めるのは、

  • 本体(バッテリーを入れたまま)
  • 充電スタンド&ケーブル
  • ウェット&ドライパッド
  • キューブ(電池を抜いてビニール袋に入れる)

です。

f:id:sweet-orange:20200312222039j:image

※メーカー非推奨の互換バッテリーを利用していたので、純正バッテリーを購入しなければいけないかなと思いましたが、互換バッテリーのまま配送してもよいそうです。

注意点

  • 緩衝材で本体がグラつかないようにする
  • ガムテープでフタをする

配送する

アイロボットのサービスセンターに配送します。

配送方法は、

  • 自分でコンビニなどに持っていく
  • 佐川急便の集荷

から選べます。

私は佐川急便の集荷を選びました。

こちらの方が、サービスセンターに修理を申し込んだ電話でそのまま集荷の日時を指定できるし、配送先住所なども書かなくていいので、ラクです。

なので、ブラーバ本体などを入れた箱は住所を書く必要もなく、ただ集荷に来た佐川の人に渡すだけでいいのです。

送料はアイロボット持ちです。

 

f:id:sweet-orange:20200312222026j:image

見積もり結果を聞く

アイロボットサービスセンターで検査をし、修理にかかる額がわかったら電話がかかってきます。

1週間後、その見積もり結果を伝える電話がかかってきました。

この金額を聞いて修理を拒否することも出来ます。その場合、そのままアイロボット側で廃棄してもらうか、送り返してもらうことも出来るそうです。

そして我が家のブラーバちゃんの結果は、

「充電回路が故障していました。オフィシャルメンテナンスを適用されますので1万2,980円で本体を新品に交換できますがどうなさいますか?」

とのこと。

なんですと?(゚〇゚;)

1万2,980円で新品に交換?今そう言ったよね?ね?ね?

もちろん即答で、「それにします!」

だって高額な修理代(2万円くらい?)がかかるぐらいなら新品に買い直そうか(約4万円)と思っていたのが、1万円台で新品になるなんて!

こんなお得な話ってないじゃないですか。

 

ちなみに、「オフィシャルメンテナンス」というのは調べたら「定額メンテナンスパック」のことみたいですね。

f:id:sweet-orange:20200313003717p:plain

つまり、どんな修理でも最大で11,800円(税込みだと12,980円、今回の私の金額と同じ)以内に収まるってこと?かな?

修理されたブラーバを受け取る

修理されたブラーバは佐川急便で送られてきます。

代金は着払いで佐川急便の配達員に払います。

支払い方法は現金とクレジットカードと両方可です。私はクレジットカードで払いました。

f:id:sweet-orange:20200312221830j:image

届いた段ボールはこちら。

f:id:sweet-orange:20200312221826j:image

中身。やはり本体はピカピカの新品に交換されています。

f:id:sweet-orange:20200312221921j:image

本体以外の付属品は以前使っていた古いままでした(当たり前ですね)。

f:id:sweet-orange:20200312221905j:image

作業完了報告書も入っていました。

f:id:sweet-orange:20200312221853j:image

そして再び非純正バッテリーを入れて充電してみると…、エラーならず!

f:id:sweet-orange:20200312221844j:image

バッチリ動きましたー!

久しぶりにブラーバで掃除した床は、皮脂汚れが落ちてすっきりサッパリです。

ブラーバの修理代は?

上にも書きましたが改めてここでまとめておきたいと思います。

修理にかかった金額:12,980円

修理内容:本体のみ新品に交換

送料等はかかっていません。アイロボット負担です。

これを高いと思うか、安いと思うかですが、私は安いと思います!

4年で故障してしまうのはちょっと早くて残念だなぁと感じるのですが、それが約1万円で新品に取り替えられるなら悪いサイクルじゃないですよね。

サービスセンターの対応も良かったし、このままずっとブラーバを使い続けてしまいそう…( ´艸`)

まとめ

ブラーバが充電エラーで故障した場合の対処法、修理する場合の手順について書きました。 

まずはバッテリーを交換、それでも駄目ならサービスセンターに電話してみて下さい。

今回、4年使ってとうとう修理に出しましたが、1万円ちょっとで新品に交換できたのでかなり得した気分です♪ 

ielife.hatenablog.com