効率よく暮らす|子育て・節約・時短家事を日々研究するミニマリストな40代主婦のブログです

楽に生きるのが大好きな2児の母。気になるコト、モノ、なんでも試して紹介するブログです。あなたのお役に立てれば。

子どもの受け口(反対咬合)は自力で治るのか?指で押し続けた結果は・・・!?

スポンサーリンク

娘の「受け口(反対咬合)」に気付いたのは1歳半の頃でした。

「自然に治ることもあるので気にしなくていい」というネット情報を見て、安心したいたところ、2歳検診で、

「3歳になってもまだ受け口だったら歯医者さんに相談してくださいねー」

と言われ、Σ(゚д゚lll)ガーン

自然に治るんじゃないの!?

それからまたちゃんと調べ直したら、「奥歯が生える前だったら治る可能性がある、咬み合わせが安定するのは奥歯が生えてから」という情報を得て、おそるおそる口の中を覗いたところ、

奥歯もう生えてるじゃーん!(´;ω;`)ウゥゥ

今度はTwitterで検索したところ

「自分で下の歯をグイグイ押していたら受け口が治った」

という情報を目にしたので、これだ!これしかない!とワラにもすがる思いで試してみました。半年間続けた結果をご報告します!

お子さんが受け口で悩んでいる方の参考になれば幸いです^^

娘の受け口の状態

まずは娘の受け口の状態について。これは2歳になったばかりの画像です。

口が開いている状態がこれで、

受け口を自分で治す方法

口を閉じると完全に下の歯が上の前歯より出ちゃっています。

受け口の自力で矯正にチャレンジ

がっちりハマって、下の歯が奥に引っ込むなんて絶対無理!って感じです。

自力で受け口の治し方

「受け口の治し方」で調べると、最初に出てきたのが割り箸を使った方法です。

口に割りばしを咥え、正常な噛み合わせになるように自分で押します。

娘にやってみたところ・・・、

受け口の治し方 割り箸e

もちろん2歳じゃまだ自分で出来ないし、親がやろうにも難しかったです。

割り箸じゃなくて指で押すだけでも効果があった人もいるそうなので、指で押す作戦に出ました。

私のやり方は、

  • 仕上げ歯磨きの後に、「アーンして」と口を開かせる
  • 下の歯を奥に押しながら、上の歯を手前に引っ張る
  • 「イーして」と言って噛み合わせを確認

これを毎日、朝晩繰り返します。

半年間、自力で受け口を矯正した結果

半年間続けた結果を発表します。

ドゥルドゥルドゥルドゥルドゥルドゥルドゥル…(ドラムロール)

じゃん!

受け口が自力で治った!

受け口が自力でも治りました!

ヒューヒューヒュー!(どこからともなく聞こえる歓声)

でも油断すると…、

受け口を自分で治すのは難しい

これ、さっきの写真のほんの5秒後なんですけど、ちょっと気を抜くとこうなんです。顎を出すのがクセになっちゃってるんですよね。

だから完璧には治ってないんで、これからも押し続けます! 

受け口の原因は?

受け口の原因の多くは遺伝なんですって。

でも、私も夫も親戚に受け口は聞いたことないので、遺伝はなさそうです。

他に考えられるのは、

  • 顎を突き出すのがクセになって、それが受け口を誘発している

うちの場合はこれだと思います。確かに、面白がって顎をよく出すんですよ。

なので言葉が通じるようになってからは、

「ゴリラの顔になってるよ!お姫様のお顔して!」

と言ってクセを止めさせるようにしました(あまり言いすぎると傷つくと思うのでほどほどにしましたが)。

受け口を治すために他にやったこと

2歳検診で言われたのは、

「なるべくたくさん噛ませて顎を鍛えて」

でした。最初のうちはスルメを食べさせたりしたんですけど、よく調べてみたら、奥歯で噛むよりも前歯で噛む方が受け口にはいいらしいことがわかりました。

それからは野菜スティック(きゅうりを細長く切ったもの)を食べさせてなるべく前歯でポリポリするように言いました。 

子どもの受け口が自力で治った!方法まとめ

 受け口が治るまでしたことをまとめると、

  • 朝・晩2回、指で下の歯を押しながら上の歯を引っ張った
  • 顎を突き出すクセをなるべく止めさせた
  • 野菜スティックを前歯で噛んで顎を鍛えた

この3つで、なんとか3歳までに受け口が改善しました!

ただ、自然に治ると言われるのが3歳ごろで、うちが治ったのも3歳ちょっと前。

ってことは、もしかして何もしなくても治ってたりして?!

でも、放ったらかしにして3歳過ぎてから「やっぱり治らなかったー!」と後悔するよりはいいので、やってよかったです。

子どもの受け口に悩む皆さん、コツコツ指で押しましょう!