効率よく暮らす|子育て・節約・時短家事を日々研究するミニマリストな40代主婦のブログです

楽に生きるのが大好きな2児の母。気になるコト、モノ、なんでも試して紹介するブログです。あなたのお役に立てれば。

【まとめ】とうもろこしの茹で方、レンジで何分?(皮ごと・皮なしラップ・皮付きラップ・1本・2本・500W・600W)

スポンサーリンク

とうもろこしは電子レンジで茹でるのが1番ですよね!

簡単is正義(`・ω・´)シャキーン

でも一口に「とうもろこしをレンジで茹でる」と言っても、実はいろいろなやり方があります。

そこで、加熱時間と、レンジで茹でる方法(皮ごと、皮なしラップ有り、皮付きラップ有り、の3種類)をまとめてみました。

レンジで茹でたとうもろこしがまるで「屋台の焼きトウモロコシ」になる、おすすめのタレも紹介していまーす!

とうもろこしを茹でる電子レンジの加熱時間(1本、2本)

皮ごとでも、皮なしラップ有りでも、電子レンジの加熱時間は変わりません。

本数 ワット数 加熱時間
1本 600w
5分
500w 5分10秒
2本 600w
7分
500w 7分20秒

ポイント:粗熱が取れるまで皮やラップに包んだまま4-5分放置します。その間に蒸されてちょうどよく仕上がります。

2本を同時にレンジでチンすると加熱ムラが出来ることがあります。その場合はひっくり返してもう1分ほど加熱するといいです。

どうしても失敗したくない場合は1本ずつレンチンした方が失敗知らずです。

とうもろこしを皮ごとレンジでチンする方法(レシピ)

 この方法は、ツイッターで話題になったやり方です。

面倒な時はこの方法が1番です。ラップ代の節約にもなりますしね!

1.スーパーで買ってきた皮付きとうもろこしをそのままレンジに入れる

f:id:sweet-orange:20180826145246j:image

2.レンジで加熱スタート!(1本5分)

3.根元2センチくらいを切る

f:id:sweet-orange:20180826145303j:image

4.皮の先端を布きん等で持って、ブンブン振ってスポーン!出来上がり!

f:id:sweet-orange:20180826145351j:image

私は上手く抜けなかったのとセッカチなので、そのまま皮を剥いちゃいました。

完全に冷めてからだとうまく抜けないので、ちょっと熱々なぐらいで抜いた方がいいそうですよ。

とうもろこしを皮なし&ラップでレンチンする方法(レシピ)

 とうもろこしが皮を剥いた状態で売っていた(もらった)場合、ラップに包んでチンします。

その時、せっかくなのでちょっと塩を振っておくと塩味が馴染んでおいしいですよ。

1.皮を剥いたとうもろこしに塩を1つまみ振って全体に擦り付ける

f:id:sweet-orange:20180826150215j:image

2.ラップでピッチリ包む

 f:id:sweet-orange:20180826150224j:image

3.レンジに入れて加熱スタート!(1本5分)

4.出来上がり!

ほんのり塩味で、ちょっとした手間はいりますが、味はこの方が好きです。

とうもろこしを皮あり&ラップでレンチンする方法 (レシピ)

 ほんのり塩味も楽しみたいけど、皮の風味も残したい、という場合は両方のいいとこどりをしたこちら!

とうもろこしの内側の皮を2~3枚切らずに剥いて塩を振り、また皮を付けてラップでくるむ方法です。

1.とうもろこしの外側の皮を剥き、内側の薄い皮2~3枚残す

2.残った皮を根元を切らずに剥き、塩を振る

f:id:sweet-orange:20180826150252j:image

3.再び皮を戻して、ラップで包む

f:id:sweet-orange:20180826150329j:image

4.電子レンジでチン(1本5分)して、粗熱が取れたら出来上がり!

 塩味もありつつ、皮の風味もあり、私はこの方法が1番好きです。

裏技!?まるで焼きトウモロコシになるおすすめのタレ!

レンジで茹でたとうもろこしはそれだけでも充分おいしいですが、甘辛いタレをかけると甘みが引き立ってもっとおいしくなります。

おすすめのレシピはこちら!

元々はうなぎのタレのレシピですが、とうもろこしにかけるのもいいと書いてあったのでやってみたところ、
確かにこれは「お祭りの屋台の焼きとうもろこし」の味!

我が家の子どもたちに大好評でした。

ぜひ、お試しあーれ!