効率よく暮らす

楽に生きるのが大好きな2児の母。気になるコト、モノ、なんでも試して紹介するブログです。あなたのお役に立てれば。

夏休みは廃止にしたらどうか、という提案

スポンサーリンク

 

夏休み、もう廃止にしませんか?

夏休みってなんのためにあるのでしょうか?

  • 子どもの体を休ませるため
  • 通学が暑すぎるため

昔はそうだったと思います。でも、今は働いてる女性が多いでしょ?そういう場合は学童に入れるんでしょ?だったら意味がないと思う。しかも学童は高学年からは入れないと聞くし。

「女性が輝く日本」ということで、女性が働くことを推進しているのに、夏休みがあるのは矛盾してる気がする。子どもが幼稚園・小学校にいってる時間内だけ働きたいと思っても、夏休みがあるからとちゅうちょしてる人も多い。

夏休みがなければ、

  • 夏休み中の預け先を考える必要がない
  • 学童のお弁当を作らなくていい

という、働く女性にとってこれだけのメリットが。だったらもう夏休み廃止しちゃえばいいじゃん!そしたら専業主婦も助かるし!

しかし、

  • 勉強に遅れがちな子は夏休み中に挽回できる
  • 学校が嫌いな子は休息できる
  • 祖父母宅など長期帰省ができる
  • 学校の先生が1学期の反省、2学期の準備ができる

という、夏休みのメリットを言われると、ぐぬぬ・・・となります。

私からの提案

そこで考えました、夏休み廃止法案。

夏休み廃止法案:夏休みは廃止にし、全児童が学校に行く。ただし、活動内容は、

  • 現在の夏休みにあたる期間中は、授業をやらない
  • 学童と同じような活動内容で、先生以外(学童の指導員?)が指示
  • 通学がしんどい子は車で送迎OK
  • 給食は毎日出る
  • 休みたい子は休んでいい(←授業はしないので影響なし)

どうだ!これで夏休みのデメリットを解消し、夏休みのメリットも受けられます。

そして私みたいな専業主婦は、夏休みにどこか遊びに連れて行かなきゃ!というプレッシャーから解放されます(←ここが一番のメリット!)。