効率よく暮らす

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

効率よく暮らす

少しの労力で最大限の効果を。時間とお金のミニマリストを目指してます。

ショッピングモールの買い物に疲れない10の方法。子どもに振り回されず効率的な買い物のコツ。

時短家事

広告

なぜ人はショッピングモールが大好きなのか

週末の家族のお出かけといったら、ショッピングモールが定番ですね。しかし、家族それぞれの行きたいお店へあっちこっち歩き回ったり、なかなか思い通りに動かない子どもにイライラしたり、結局何も買えなかった、なんてご家庭も多いのでは?これ、数年前の我が家なんですけどね^^

どうしたら子連れでもショッピングモールの買い物を疲れずスムーズにできるだろうか?そう考えながら早6年、だいぶコツが掴めてきました。

今回はそのコツを10個、紹介しますね。

午前中から出かける

ショッピングモールはいつも混んでる印象ですが、午前中なら空いています。特に開店直後は人もまばら。この人の少ない時間にさっさと目的の買い物を済ませちゃいましょう。人が少ないと落ち着いて商品が選べるし、子どもも落ち着きます。

午後2時から3時、この時間が一番混んでいて、この時間に行って駐車場渋滞にハマったら最悪です。 

ネットで事前に商品確認をしておく

今ではほとんどのお店がネットショップをしているので、出かける前にネットで商品を確認することができます。あらかじめ目星をつけておけば、あとは実際の商品を確認して試着するだけ、迷う時間が短縮できます。

出掛ける前に炊飯器をセット

帰ったら外食せずにちゃんと家で食べるぞ!と思っていても、買い物が終わってみればクタクタ、「もう動けない、やっぱり外食しよう!」なんてなってしまいませんか?そうならないために、出掛ける前にご飯の支度をある程度やっておきます。そうすれば帰ってからのご飯の支度がスムーズです。せめて炊飯器の予約だけでもしておけば、最悪、お惣菜を買うだけの出費で済みます。

Rice

移動時間中にお店を回るルートを家族で話し合う

車(または電車)でショッピングモールへの移動時間、どのお店に行きたいか、どの順番でお店を回るか、家族で話し合って計画を立てましょう。あっちへ行ったりこっちへ行ったりが防げます。

子どもの行きたいお店も予定に入れる

子どもにも行きたいお店を聞き、それもちゃんと予定に組み込みルートを説明します。なんでもかんでも駄目!と言うよりも、「次の次におもちゃ売り場だから待ってて」と説明すれば、子どもは待てるようになります。

子どもが長居しそうな場所を避けるルートにする

子どもが行きたいと言ったお店以外で、近寄ると長居しそうな場所(ちょっとしたゲームコーナーや遊び場)は、多少遠回りになってもいいので避けるルートを考えます。子どもの目に入らなければ、「行きたい!行きたい!」と駄々をこねることもありません。

.

食事の時間は混雑を避け、ルートもそれを考慮する

買い物しながらついでに外食もできるのがショッピングモールのいいところですが、この外食の待ち時間が一番大きな時間のロスになります。お昼ごはんなら、朝食を抜いて早めの11時か、朝食を家でたっぷり食べて遅めの2時以降がおすすめ。

お店を回るルートを決める時に、どこで何時頃に食べるかも考慮して考えると無駄がありません。

子どもが長居しそうな場所の後に、昼ごはんを予定する

次に大きな時間のロスは、子どもがなかなかその場から動かないこと。小さい子どもなら言うことを聞かないのはしょうがないし、ここでいかに子どもをうまく動かすかが親の腕の見せ所。

おもちゃ売り場、絵本コーナー、ゲームコーナーなど、親が「もう行くよ」と言ってもなかなか子どもが動かない場所、この後にお昼ごはんを組み込みます。「もう終わりにしなさい」と言うよりも、「ごはん食べるから行こう」と言った方が子どもはスムーズに動きます。ルート的にお昼ごはんが難しいなら、自販機で安いジュースを買って休憩でもいいですね。

CALIFORNIA BURGER

ゲームコーナーでは1度も お金を使わない

子どもは1度やったら次も絶対にやりたがります。そしてショッピングモールに来れば必ずゲームがしたいと言うでしょう。でも、1度もやらなければ、やらないのが当たり前になります。たったの100円かもしれませんが、それが毎回、しかも数年ずっと続くわけですから、大きな浪費です。 お金も無駄だし時間も無駄になります。

我が家は息子が6歳になりますが、1度もお金を使ったことがありません。小さい頃はボタンを押してただカチャカチャ押すだけで満足。今はやりたいとも言わなくなりました。おかげでゲームコーナーはスルーできます。

一番の時間の節約は?

ショッピングモールの買い物で、一番時間の節約ができる方法は何でしょうか?それはズバリ、行かないこと!

ユニクロの期間限定価格、無印良品週間、GAPの店内全品50%OFF、以前はそれらにつられて毎週のように行っていました。でも、それらで得られるお得感と引き換えに、家でのんびり休養できる時間を失っているのです。そう考えてからは、毎週行くのはやめ、本当に買いたいものがある時だけになりました。

まとめ

  • 午前中から出かける
  • ネットで事前に商品を確認
  • 出掛ける前に炊飯器をセットする
  • 移動時間でお店を回るルートを家族で話し合う
  • 子どもが行きたいお店も予定に組み込む
  • 子どもが長居しそうな場所を避けるルートにする
  • 食事の時間は混雑を避け、ルートもそれを考慮する
  • 子どもが長居しそうな場所の後に昼ごはんを予定する
  • ゲームコーナーでは1度もお金を使わない
  • そもそも行かないのが1番の時間の節約

子連れでショッピングモールを賢く回るコツ、10個を紹介しました。ただ何となく行くのではなく、事前の準備がカギになりますね。どうせ行くなら楽しく買い物したいですから、賢い買い物方法をこれからも考えていきたいです。

関連情報

ショッピングモールといえば我が家がよく行くのがイオンモール。イオンモールの中にイオンラウンジという休憩所があるの、知ってましたー?無料で飲み物(コーヒー、お茶、ジュースなど)が飲めて、おやつまでもらえる、子持ちにはもってこいの場所!利用するには条件がありますが(イオンカードのゴールドカード保持者など)、該当する方はぜひ利用してみてください!