効率よく暮らす|子育て・節約・時短家事を日々研究するミニマリストな40代主婦のブログです

楽に生きるのが大好きな2児の母。気になるコト、モノ、なんでも試して紹介するブログです。あなたのお役に立てれば。

小学生低学年におすすめの作文ドリルは、くもんの「文しょうの書き方」。これで苦手を克服!

スポンサーリンク

うちの子(小学2年生)は作文がてんで駄目。

例えば運動会がテーマの作文なら、

うんどうかいでつなひきをやりました。
1回せんは赤がかちました。
2回せんは白がかちました。
3回せんは赤がかちました。
うれしかったです。

って感じ。

事実を並べただけ!抑揚なし!感情は最後の1文のみ!

1年生の頃は書けただけでもエライ、と思っていたけど2年生になってもこのパターン。これじゃ6年生になってもずっとこのままかも!?

そんな未来を心配して、作文の書き方が上達するようなドリルを探すことにしました。

でも「作文」に特化したドリルってなかなかないんですよねー。

そんな中でも良さそうだったのが、くもんの「文しょうの書き方」

1冊終了したので内容と、その後の効果を紹介します。

くもんの「文しょうの書き方」ドリルの特徴、どんな問題があるか

このドリルは、くもんの「小学ドリル国語」シリーズの1つです。このシリーズにはほかに「文しょうの読解」「言葉と文の決まり」などがあります。

他のシリーズも同じですが、「文しょうの書き方」は学年別に分かれています。1つ下の学年から始めたり、進んだら上の学年のドリルをやってみてもいいかもしれません。

どういう問題があるか紹介しますね。

普通の国語のドリルによくある、句読点を書き込んだり主語を囲ったりする問題もありましたが、私がいいなと思ったのは次のような問題です。

単語を並び替えて文章を作る問題。

f:id:sweet-orange:20181117103155j:image

絵を見て文章を作る問題。

f:id:sweet-orange:20181117103159j:image

絵を見てお話しを作る問題。

f:id:sweet-orange:20181117103213j:image

回答を文章で書かなきゃいけない問題が多いのがこのドリルの特徴ですね。 

字を書くことが苦手な子の練習になっていいと思いました。

くもんの「文しょうの書き方」ドリルで成長できること

うちの子、作文に取り掛かるまでにとても時間がかかります。

で。うちの子を観察してわかった、作文が苦手な子の苦手な理由。

  1. 自分のことを書くのが恥ずかしい
  2. 文章をどう組み立てればいいかわからない

それぞれ全く別の問題だと思うのですが、作文を書く時って、この2つの問題を同時に乗り越えなくちゃならないでしょ?

「何を書こう?あれにしようかな。でもどうやって文章にしたらいい?こんなこと書いて恥ずかしくないかな?やっぱり書けない!」

みたいな。

低学年の宿題に作文がある目的って、文章を組み立てる練習のためだと思うんです。でも、そこに「ちょっとカッコイイこと書きたい」っていう自我が邪魔しちゃう。

このドリルは、その「自我」を一旦置いておいて、「文章の書き方」だけを練習できるところがいいですね。

まずは「文章の書き方」だけを訓練して、そのあとで自己表現を身に付けていってもらえたらなと思います。

まとめ:作文、ちょっとは上達したかな?

ドリルは1冊終えました。

子どもの学校では毎週末、作文の宿題が出るのですが、以前よりは取り掛かるのが早くなって、内容もだいぶ良くなりました。

ドリルをやる前は感情文が最後の1文にしかなかったのが、ところどころで感情文が入るようになりました。

でもいきなり「作文コンクールで1位に!」みたいな劇的な変化はないです。当たり前か^^;
作文は計算みたいに答えが1つじゃないから、仕方ないかなと思います。

そもそも普段の会話から、「遠足どうだった?」「楽しかった」「何が1番楽しかったの?」「全部」って感じだし。問題は文章の以前の段階って気が・・・。

作文を教えるのって難しいですね。

「百ます計算」みたいに「これさえやってれば大丈夫!」っていうドリルや、「賢くなるパズル」みたいに「楽しんで解いてたらいつのまに力が付いちゃった」っていうドリルが現れればいいのにな。

そんなドリルを見つけたらまた報告しますねー。

なかなかコレっ!ていうのがない作文ドリルの中でも、くもんの「文しょうの書き方」はいい線いってると思います。