効率よく暮らす|子育て・節約・時短家事を日々研究するミニマリストな40代主婦のブログです

楽に生きるのが大好きな2児の母。気になるコト、モノ、なんでも試して紹介するブログです。あなたのお役に立てれば。

幼稚園の名前つけグッズどうする?全種類試した私が正解を発表します!

スポンサーリンク

娘の幼稚園入園準備、名前つけが終わりました!

5年前に上の子、そして反省を生かして今回、と全ての種類のお名前つけグッズを網羅しました!

「買ったけど全然使ってない」「こうすればもっと楽だった!」など、私の経験をこれから幼稚園の名前つけに奮闘する人のために紹介したいと思います!

まずは撥水お名前シール!幼稚園ならマーク付きが便利

絶対に買って損しないのが撥水加工のお名前シールです。

お弁当箱や水筒など水に濡れるものにはもちろん、ハサミやクレヨンなど文房具にも使えます。

クレヨンの1本1本に名前つけなんて自分で記入するなら大変ですけど、お名前シールならちゃんとそのサイズのシールが用意されているので貼るだけです。

幼稚園入園だとまだひらがなが読めないので、マーク入りの方が見分けがついて断然いいです。

私はゆるかわなイラストに一目ぼれしてこちらのお名前シールを購入しました。


 

実際に水筒に貼り付けた様子がこちら!(ちょっとゆがんじゃったけど)

撥水加工のお名前シールを水筒に付けた

か、かわいい…。

これなら同じ水筒の子がいてもすぐ見分けがつくし、先生にも覚えてもらえそう。

アイロンシールは面倒で意外と使わない…

お名前シールでもう1つすぐに思い浮かぶのがアイロンシールですね。でもアイロンシールって意外と使わないんですよ!

なぜならアイロンを出すのが面倒だからー!←これに尽きます。

入園前に袋物とかにまとめて付けるのにはいいですが、後から日々追加される洋服などに付けるのには、いちいちアイロン出してなんてやってられませんよね(よね?)。

私の周りでは、「使ったのは最初だけで結局マジックで直接書いちゃってるー」って人がほとんどです(笑)。

洋服の名前付けには「ノンアイロンシール」、これが便利です。洋服のタグに貼るだけだから、本当に簡単!レビューでもとても評判がいいです。

これなら、サイズアウトして誰かにあげる時も剥がすだけだから、簡単ですね。


 

靴下はどうやって名前付ける?フロッキーシートが正解!

悩むのが靴下の名前つけです。マジックは洗濯すると段々薄くなっちゃうし、アイロンシールも剥がれやすいし伸びない。

靴下の名前付けにおすすめなのは、「フロッキーシート(フロッキーネーム)」です。

アイロンすると名前部分だけ浮き上がってくっつきます。プクプクして見た目もかわいいです。


 

洗濯して乾燥機で回しても剥がれないし、伸びがいいから靴下にぴったり!

「黒い靴下にどうやって黒いマジックで記入するか問題」も黒以外の色のフロッキーシートで一緒解決です!

ここで裏技を教えちゃいます!

靴下の片方ずつに名前と名字とを使うと、1足で2枚分のフロッキーシートが必要になります。これではすぐに無くなっちゃいます。

そこで!半分に切って、片方に名字、もう片方に名前、と分けて使えば1足に1枚分と2倍長持ちします。

靴下のお名前付けにはフロッキーシートがおすすめ

この節約ワザ、ぜひお試しを!

今回、私は袋物の名前付けにフロッキーシートを使ってみました。布地が派手な柄なので、シンプルに名前付けしたくって。さり気なくかわいいです。

幼稚園のお名前付けにフロッキーシート

「お名前スタンプ(ハンコ)」はおすすめしない!その理由

上の子の時は、メインの名前つけグッズをスタンプ(ハンコ)にしました。その時はお名前つけといえばスタンプ!ってぐらい人気だったんですよね。

でもこれが大失敗!

その理由は、

  • インクが擦れたり二重になったり、意外と失敗が多い
  • 紙や布にはやり直しができない

失敗しやすい割に一度付けたら二度と消えない(洗濯で徐々に薄くなるまで待つしかない)、だからスタンプを押すときは毎回めちゃくちゃ緊張しました。

スタンプ一式を取り出すのも結構面倒で、マジックで書いた方が早いじゃん!と使ったのは最初のうちだけで以降は全く使わなくなっちゃいましたね。

だけど「お名前つけはスタンプが便利ー!」って人はかなり多くて、なんでだろう?と思ったらその人たちは保育園に持っていくオムツに使ってたんですね。

うちはオムツ卒業してから幼稚園に入園するので、そもそも使用用途が違っていたという…。レビューはよく読んで、自分の使い方との違いを考えなきゃいけません。

私には合わなかったけど、大量に消耗品に名前を付けるならよいかと! 


 

安くすませるなら「100円ショップのお名前タグ」

1番安く購入できるのは、100円ショップで売っている「お名前タグ」ですね。

上着やカバンなど大物に使えます。肌に直接触れる物にはチクチクしちゃうからやめておいた方がいいと思います

これのいいところは、ボタンで留めるから外して他の物に付け替えて何度でも使えるところですねー。だからコスパは最強!

これはダイソーで購入しました。セリアや他の100円ショップにも似たようなのが必ず売っています。

 f:id:sweet-orange:20190326181157j:image

上着に付けた様子。人目につかないので名前は直接マジックで書いています。簡単、最強!

f:id:sweet-orange:20190326181151j:image

ラベルライターはかなり面倒!名前入りシールを買った方が断然ラク

上の子の時にもう1つ購入したのがラベルライターでした。

「好きな文字を何枚でも作れてコスパがいい! 」と思って購入しました。その時はコスパ重視だったんですよね(今では効率重視ですw)。

でもねラベルライターって、

  • 印刷するのに意外と時間がかかる(ほんのちょっとの時間だけど子育て中はそれが気になる)
  • 余白が大きいからハサミでちょうどいいサイズにするのが面倒
  • 毎回操作方法を思い出すのに時間がかかる(そして1回は失敗するw)
  • テープ代もバカにならない

と、なかなか面倒なんですよ。

今回、注文時に名前を指定するお名前シールを購入して、「なんて簡単なんだ!」と感動しました。名前なんて変わらないんだから、いちいち自分で入力しなくても、あらかじめ印刷してあってもいい!

お名前付きシールを1枚購入すれば幼稚園3年間で足りますから、ラベルライターを購入するよりもこっちの方が断然安いんです(ってことに後から気付きましたw)。


 

我が家にあるのはこれのピンク。マメな人ならいいんだろうけど…^^;

上靴の名前つけには「くつのしっぽ」。かかと踏まない対策にも!

上靴の名前つけも悩みますよね。

かわいくしたいけどアイロンは難しいし、マジックは滲むし(その上私は字が超絶下手ときた!)。

そんな悩みを一挙に解決するのがこれ!「くつのしっぽ」です。


 

上靴かかとのループ部分にゴムで取り付けます。名前とマークをシールで貼れるようになっています。

上靴を履くときに引っ張って履きやすくなるし、かかとを踏む防止にもなります。

靴箱に入れた時に目立ってわかりやすくなるのがいいですよね。

上靴のお名前付けには「くつのしっぽ」

娘が選んだのはアナ雪の上靴。カブりそう…。だけど「くつのしっぽ」があるから見分けが付きます!

まだひらがなが読めないので、上から見てマークが見えるように付けました。

名前入りワッペンは大物に使える!

今回、他に購入した良かったなーと思ったのは、名前入りのワッペンです。

園で被る帽子に、わかりやすい目印(ワッペンなど)を付けてくださいと園から言われているので、これを採用!

f:id:sweet-orange:20190323084649j:image

かわいい!お名前シールと同じマークのワッペンです。マークが刺繍になって、激カワです。

サイズ感がわかりやすいようにマウスと並べてみました。

f:id:sweet-orange:20190323084018j:image

結構、大きいです。まだ手元にないけど園で被る帽子に付けたいと思います(1年で帽子の色が変わるからアイロンじゃなくて縫い付けて3年間使いまわします)。

こうやってマークを統一すると、周りの先生やお友達にもにも覚えてもらいやすくなるかなー、と期待しています。


 

幼稚園の名前つけ・まとめ

私が全種類使って感じた、幼稚園の名前つけグッズのおすすめをまとめますね。

★絶対に買った方がいいもの

  • 撥水加工のお名前シール (お弁当グッズ、文房具、何にでも)
  • ノンアイロンシール(洋服のタグに)
  • フロッキーシート(靴下に)

★私には必要なかった(おすすめしない)

  • お名前スタンプ 
  •  ラベルライター

★あると便利

  • 100円ショップの「お名前タグ」(大物系)
  • 「くつのしっぽ」(上靴に)
  • 名前入りワッペン

人によって感じ方は違うと思いますが、私のように「ズボラ」で「ちょっと節約したい」人は、こんな風に揃えるといいんじゃないかなと思います。

参考になったらうれしいです♪

↓この記事で紹介したモノ↓