効率よく暮らす

楽に生きるのが大好きな2児の母。気になるコト、モノ、なんでも試して紹介するブログです。あなたのお役に立てれば。

1週間の献立の考え方とコツ!簡単ルールで時間もお金も節約するっ!

スポンサーリンク

1日3食、毎日献立を考えるのって本当に大変ですよね!

気付けば「次は何を作ろう?」と考えているだけで一日が終わっちゃった!なーんてこと、ありませんか?(私だけ?)

この無駄な時間の過ごし方をなんとかしたい!と一週間分まとめて献立を考えるようにしたら、献立に悩む時間が減って時間が有効に使えるようになりました。

この方法にしてからもう数年経ちますが、最初は大変でもコツを掴むと意外と簡単なんですよ。

1週間分の献立を簡単に考えられるコツを紹介します。

f:id:sweet-orange:20180626134343j:plain

1週間分の献立はキッチリ考えない方が上手くいく

具体的な方法を説明する前に、1番大事なことを説明しますね。

それは、「キッチリ考えないこと」です。

私は当初、朝・昼・晩、全部キッチリ副菜と汁物の具まで考えていました。でもね、予定通りになんていかないんですよ!

体調悪くて予定通り料理出来なかったり、夫が急に晩御飯いらなくなったとか、予定はいつだってズレます。だってそれが生活するってことだから!

だから絶対にキッチリ献立を考えない方がいい。予定が崩れたらそれがストレスになってしまいますから。

ざっくりと考えることで、臨機応変に対応できる献立になります。

私の献立の立て方、具体的なルール

次に、私が具体的にどんな風に献立を考えているのか紹介しますね。

平日5日分だけ考えればいい

1週間分の献立となると7日分となりとても大変に感じてしまいますが、私が献立を計画するのは平日の5日分だけです。

週末に買い出しに行くので、週末の献立は買い物ついでにその日の気分で決めていいんですよね。

週末は特に外食することもあるので予定が狂いがちです。だったら最初から予定を立てない方が上手くいきます。

まずは食べたいメイン3品を思い浮かべる

食べたいものを食べたいので(当たり前ですね笑)、まずは食べたいメインメニューを3品考えます。

残り2日分はさっき考えたメイン3品の残りの食材で考えます。

例えば、「生姜焼きの千切りキャベツ添え」を食べたいと思ったら、キャベツが余るからこれにピーマンを足して回鍋肉(ホイコーロー)、という具合に。

これで1週間で食べたいものが食べれて、なおかつ食材が余らない献立になります。

副菜は残り食材から考える

副菜も同じように食べたい1・2品だけを思いついて、後はメインの残り食材や、買い物の時に安くなっていた野菜を買っておいて、当日に考えて作ります。

 副菜は特にあまり考えないことが肝心です。まあ副菜なんて無きゃ無いでいいし、最悪切っただけのトマトやきゅうりでもいいわけですから!

 

食材の買い出しは献立よりも多めに

ざっくりと献立を決めたらそれを元に食材の買い出しに行きます。

この時に大事なのは、決めた献立よりも多めに食材を購入することです。その理由は下の記事に書きました。

 

献立に悩む時間を減らすコツ

食べたいものが思い浮かばない!なんてこともありますよね。ちょっとした工夫を紹介します。

家族の好きな定番メニューを一度書き出す

時間がある時に一度、家族が好きな定番メニューを紙に書き出してみるといいですよ。

カレー、肉じゃが、野菜炒め、麻婆豆腐、唐揚げ、ハンバーグ、オムライス…。

ちょっと思い浮かぶ定番料理だけでもたくさんあるんですよね。

その紙を壁に貼ってそれを見ながら献立を考えてもいいですし、一度書き出すだけでも頭に浮かびやすくなります。

朝ごはん、昼ごはんは固定メニューで選択肢を減らす

毎日3食ちゃんと考えるのはたいへんです。朝ごはん、昼ごはんは「これしか作らない!」と決めてしまえば選択肢が減って決めるのが楽になります。

我が家は、朝ごはんは卵料理と切るだけの野菜、子どもと一緒のお昼ご飯は麺類、と決めています。

1週間でバランスの取れた献立にするコツ

タンパク質をバラバラにする

「牛肉、豚肉、鶏肉、魚、卵or豆腐」といったメイン料理のタンパク質が1週間でバラバラになるようにします。

牛丼、牛ステーキ、すき焼き、と連続にしないということです(牛肉は高いのでこんなこと我が家ではありませんがw)。

焼く、煮込む、揚げる、もバランスよく

調理の仕方も同じ方法が続かないようにします。連続で揚げ物なんてちょっとイヤですもんね?

  • 月曜日:野菜炒め(焼く)
  • 火曜日:カレー(煮込む)
  • 水曜日:唐揚げ(揚げる)

といった感じに、同じ調理法が続かないようにします(こっちはちょっと難しいのでなるべくでいいです)。

簡単メニューの日を作る

毎日が手の込んだ料理ばかりだと疲れます。そうならないために、一週間に1回は簡単メニューの日を設定します。

疲れが溜まる木曜日あたりを簡単メニューの日にすると、1週間が乗り越えられます。

1週間分の食材が上手く回せるコツ

食材は一週間で使い切る

購入した食材はその一週間でなるべく使い切るようにします。こうすることで冷蔵庫が一旦リセットされ、次の週の献立が考えやすくなります。

食材を1週間で使い切るコツは、レシピにこだわらずにとにかく食べること!野菜単品を茹でただけ、炒めただけ、でもいいんです。

缶詰、冷凍野菜などを常備

食材が足りない、今ある食材だけでは作れる料理がない、とならないために、保存の効く缶詰や冷凍野菜を常備します。

  • ツナ缶
  • コーン缶
  • 鯖缶
  • 冷凍枝豆

この4つは必ず常備しています。困ったときのお助けアイテムですね。

1週間まとめて献立を考えることはメリットばかり

1週間分の献立をまとめて考えると、まず時間の節約になります。毎日朝・昼・晩、「何作ろう?」と考えるよりも、1週間に1回まとめて考えた方が結果的に時短になります。

そしてお金の節約にもなります。これは買い物の回数が減るから、「新製品のお菓子、買っちゃおー!」という予定になかった「ついで買い」が無くなるからですね。

そしてもう1つメリット、栄養バランスの取れた献立になります

なぜなら1週間分をまとめて買った分をその1週間で食べきるので、例え野菜不足の日があったとしても、1週間で考えると必要な野菜を食べていることになるんですね(そのためにはまとめ買いする時点で1週間に必要な野菜のおおよその量を検討つけないといけないですが)。

「家事で一日が終わってしまう」「もっと自由な時間が欲しい」と考えている主婦の方は、ぜひこの「献立を1週間分まとめて考える」をやってみてください!