効率よく暮らす

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

効率よく暮らす

少しの労力で最大限の効果を。時間とお金のミニマリストを目指してます。

夫の洋服を減らす方法。捨てられない男だった夫が、ミニマリストに近づくまで。

断捨離・収納

広告

季節の変わり目は断捨離のチャンス!我が家は先週末、家族全員の洋服の断捨離をしました。定期的に何度もやっているので、サクサクと進みます。

夫が「俺の服、これしかないんだけど」とスカスカになったクローゼットを眺めます。でもなんだかうれしそう。

結婚当時は、高校生の時に買ったTシャツをパジャマとして着ていた夫(当時30歳)。典型的な「捨てられない男」でした。

それがどうして変わったのか?それは定期的に行っている洋服の見直しが、だんだんと利いたのだと思います。真綿で首を絞めるように、ジワジワと・・・。

私の考えた、夫の洋服を減らすコツを、今回の実例写真と共に紹介します!

夫婦で一緒に断捨離する

まずは夫婦で一緒に洋服整理をします。妻である自分から始めること、そして夫に「アドバイスが欲しいから見てて」と言って見てもらいます。提案にのってきたらシメシメですよ!

自分の物は捨てられなくても、他人の物は躊躇なく「捨て」の判断ができるものです。「古ぼけてる」「似合わない」「流行じゃない」など。

妻の断捨離で弾みがついて、自分の服も「古いかも?」「似合ってない?」「流行終わってる?」と気づくようになります。

妻の断捨離効果をアピールする

そうは言っても最初はなかなか捨てられないもの。それを「もっと捨てて!」なんて言うのは禁物です。

それよりも、妻である自分がどんどん断捨離して、洋服が少ないと朝の支度が早い、買い物で失敗しない、などの断捨離効果をアピールします。さり気なくです、あくまでもさり気なく。

そうすれば夫も断捨離に目覚めます。我が家はこのパターンでした。

f:id:sweet-orange:20160908015653j:plain

かなりスカスカになった夫のクローゼットです。

いきなり捨てずにまずは部屋着に

「まだ着れる」は捨てられない人の黄金パターン。そんなまだまだ着れるけどちょっと古ぼけている、そんな洋服は部屋着にして現在部屋着にしている服を捨てます

これなら捨てるのハードルが低くなるし、「やっぱりあの服必要だった」となっても、部屋着を外着にまた昇格させるだけです。

または「捨てないけど着ない服」を入れる箱を用意し、それを2軍とし、1年後に着なくても大丈夫だとわかったら捨てる、という方法もアリです。

f:id:sweet-orange:20160908015649j:plain

今回部屋着になった洋服です。計5枚ありました。

捨てたら買うを合言葉に

「それちょっとほころんでるから、捨てて似たような新しいのを買おうよ」そう言うと捨てる率が高くなります。「捨てる」だけでなく「捨てて買う」と次の段階をイメージさせるのがポイント(実際は買わなくてもよし!)。

最後は褒め殺し

それでもなかなか捨てられなければ、とっておきの言葉、

あなたにはいつも素敵でいて欲しいから、古い服は捨ててもっといい服を着て欲しいの!

これでその気にさせます。そしてスッキリクローゼットへ・・・!

f:id:sweet-orange:20160908015645j:plain

今回の洋服見直しで出た捨てる洋服はゴミ袋2袋分。私のも含みますが。

夫の習慣が変わった

夫婦で洋服の断捨離をしていたら、夫の行動もミニマリストに近づいてきました。

福袋を買わなくなった

毎年必ず買っていた福袋を買わなくなりました。お得なようでゴミが増えるだけと気付いたんですね。

タダで貰える景品を貰わなくなった

電気屋さんでもらえるお皿など、昔は必ず貰いに行っていたのですが、これも無駄だと気づきました。

部屋がすっきりした

部屋のガラクタもどんどん自分から捨てるようになりました。今ではかなり物がない部屋に。

まとめ

以上、夫の洋服を減らす方法を紹介しました。

男の人がなぜ捨てられない人が多いかというと、それは自分で管理しなくていいからですよね。

ぎゅうぎゅうになったクローゼットに洗った服を押し込まなくてはならないのは妻。収納をスッキリさせたいと悩むのも妻。

困るのは妻である自分なので、夫が断捨離するよう仕向けて、自分が楽になるように夫をコントロールしていきたい。これも時短家事の1つです!

◆関連記事◆
子どもが自分でおもちゃを捨てるようになる方法(実例画像アリ)。 - 効率よく暮らす

◆ブログ村テーマ

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
断捨離でゆとり生活
整理整頓・お片づけ♪
掃除&片付け