効率よく暮らす|子育て・節約・時短家事を日々研究するミニマリストな40代主婦のブログです

楽に生きるのが大好きな2児の母。気になるコト、モノ、なんでも試して紹介するブログです。あなたのお役に立てれば。

人気の「電気圧力鍋」を主婦目線で比較したおすすめはこれだ!失敗しない選び方のポイントは?

スポンサーリンク

今、「電気圧力鍋」がアツい!

材料を切って入れたら放ったらかしで料理が完成?トロトロの角煮が短時間で出来ちゃう?そんな夢のような機械ってあるのー?

あるんです、それが「電気圧力鍋」!

でもね、電気圧力鍋ってメーカーによって機能が微妙に違っていて、どれを選べばいいのかわかりにくいんですよね。

そこで、家電特集の雑誌を読みまくり家電量販店で実物を見て、どれが本当に使える電気圧力鍋なのか徹底的に調べました。

家電って、機能が付いていればいるだけいいと思いがちだけど、・・・それは大間違い!

(高機能オーブンレンジを買ったけど温めしか使ってない、なーんてこと、ありますよね…ありますよね…ありますよね…)

自分に本当に必要な機能が搭載されていて、お手入れがしやすく値段に見合った物ならそれでいいんですよねー。無駄に高価な物はバツです( `ー´)ノ

これから電気圧力鍋を購入予定の人の参考になればと多い、調べた結果をまとめました。ぜひお読みください。

電気圧力鍋の人気機種は?

現在、人気の電気圧力鍋はこのこの4機種です。雑誌などでもたびたび取り上げられます。

  • ヘルシオ「ホットクック」
  • ティファール「クックフォーミー」
  • 象印「煮込み自慢」
  • シロカ「クックマイスター」

特にヘルシオホットクックは経済評論家の勝間和代さんがブログで紹介して人気沸騰中です。

インスタグラムなどのSNSでよく見るのはこの中で一番安いシロカのクックマイスターです。

この4機種にターゲットを絞って、機能や口コミの評判を比較しました。

電気圧力鍋をサイズ(大きさ・容量)で比較する

電気圧力鍋はとにかくデカイ!です。だからまず、キッチンに置けるのかサイズを確認しなければなりません。

いくら素晴らしい物でも、キッチンに置き場所がなかったら面倒になって使わなくなるのは目に見えてますよね・・・。

そこで、とにかくその大きさを実感しよう!と家電量販店に実物を見に行きました。

ついでにキッチンに置いた時のデザイン性も確認しました(これ、主婦は一番に気になりますよね)。

ヘルシオ「ホットクック」

横幅がかなりあります。

それに赤がかなり濃いので、白系でまとめたのキッチンだとちょっと浮きますね(白か黒、せめてシルバーでも出してくれたらいいのに)。

蓋を開けてみると、これはどの機種でも言えることですが、機械全体の大きさに対して内釜はとても小さいです。

f:id:sweet-orange:20180130080247j:image

ティファール「クックフォーミー」 

こちらは高さもかなりあり、4機種の中で圧倒的に大きいです。

色が白なのはうれしいですね。

ちょうどクックフォーミーとホットクックが並んでいたので写真を撮りました。

f:id:sweet-orange:20180130080132j:image

画像ではわかりにくいですが、どちらも「これキッチンに置けるの・・・?」と思うくらい大きいので、購入前に場所の確保とサイズの確認は絶対に必要です。 

象印「煮込み自慢」

意外と大きさを感じなかったのは象印の「煮込み自慢」でした。

炊飯器と同じ形状(横幅が狭く奥行が深い)をしているので、炊飯器を置ける場所なら置けそうだし、スペースの無駄にならないなと思いました。

デザインは昔ながらの炊飯器って感じですね(もうちょっとシュッとしたデザインにならないかなと思いますが、ターゲットが新しい家電が苦手な人向けだからしょうがないのかな)

シロカ「クックマイスター」

今までの3機種に比べるとだいぶ小さく感じますが、それでもキッチン家電として見たら大きい方だと思います。

デザインはデコボコがなくて1番スッキリしています。これならキッチンに置いてもお洒落だし邪魔にならない。色は赤もあります。

煮込み自慢とクックマイスターが今度は縦に並んでいたのでこちらもパシャリ。

 

f:id:sweet-orange:20180130080207j:image

クックマイスターと煮込み自慢は横幅は7センチしか違いがありません。

容量、サイズ、重量の比較まとめ 

  容量 

 サイズ(mm)
(幅×奥行×高さ)

重量

ホットクック

(HT99A

 1.6L

(4人分)

 364×280×224 5.1kg

ホットクック

(HW24C)

 2.4L

(6人分)

 395×305×249 6.5kg
クックフォーミー

 6.0L

(6人分)

 380×350×325 6.5kg
煮込み自慢

 1.5L

(4人分)

 290×375×250 7.0kg
クックマイスター

 1.3L

(3人分)

 220×238×249 2.7kg

ホットクックは1.6Lタイプと2.4Lタイプの2種類があります。

圧倒的に大きいクックフォーミー、横幅が広いホットクック、横幅は狭いけど奥行が深い煮込み自慢、コンパクトで軽いけど容量が少ないクックマイスター。

普段はどこかの棚にしまっておいて、使う時だけキッチンに出す、という使い方も出来るかなと思っていたのですが、クックマイスター以外は重くて出来そうにありませんね(面倒くさくて使わなくなる未来が見える、私には見えるぞ!)

 

次は機能の違いを見ていきます!

帰ってすぐに食べられる!完成時間の予約調理が出来るのは? 

「出かける前にセットすれば帰ってすぐに肉じゃがが食べられる」「夜寝る前に具材をセットしたら朝起きて何もしなくても具沢山スープが飲める」

そんなことができるのが予約機能です。

予約調理の機能があるのはホットクックと煮込み自慢の2機種です。

素材の旨味を凝縮!無水調理が出来るのは?

素材の水分だけを使うから栄養を損なわない無水調理。特に、無水調理で作ったカレーは野菜の旨味がギューッと濃縮されて絶品らしいですよ!奥さん!

無水料理が出来るのは、ホットクックと煮込み自慢、クックマイスターの3機種です。

とにかく時短したい!圧力調理が出来るのは?

圧力調理が出来るのは、クックフォーミー、煮込み自慢、クックマイスターの3機種です。

ホットクックには圧力機能はありません!電気圧力鍋なのに?と思うかもしれませんが、実はホットクックは電気圧力鍋ではないのです!正式には「無水料理鍋」という商品カテゴリーです。ただ、雑誌などでいつも電気圧力鍋と一緒に紹介されるので私も一緒にしちゃいました!(笑)

なので、ホットクックで「時短」は出来ないんですよね。ただ、一度セットすれば後は自動で調理してくれるから、予約調理と組み合わせれば家に帰ってすぐ食べることが出来るので、その観点から見れば「時短」にはなりますね。

料理を開始してすぐに食べたいのか、(あらかじめ準備をしておいて)食べたい時間ぴったりに食べたいのか、この違いで求める物が違ってきます。

電気圧力鍋を機能で比較

他の機能(炒め調理、蒸し調理、低温調理)も合わせて、比較表を作りました。

  予約 無水 圧力 炒め 蒸し 低温
ホットクック  ○  ○  ×  ○  ○  ○
クックフォーミー  ×  ×  ○  ○  ○  ○
煮込み自慢  ○  ○   ○  ×  ○  ○
クックマイスター  ×  ○  ○  ×  ○  ○

こうしてみると、象印「煮込み自慢」が一番機能をカバーしています。

ただ、先にも書きましたけどいくら多機能でも使わなかったら仕方がないので、自分が本当に欲しい機能なのか、というのが重要です。

電気圧力鍋を値段で比較する

主婦としてはやっぱり一番気になる、値段で比較します。

※価格は記事執筆時点のAmazonの価格です。

  容量 価格
ホットクック  1.6L 28,700円
 2.4L 47,000円
クックフォーミー  6.0L 27,100円
煮込み自慢  1.5L 28,647円
クックマイスター  1.3L 17,064円

一番安いのはシロカの「クックマイスター」です。他の機種と1万円近く違いますね。

ただ、容量が少なく3人分なので、4人以上の家族の場合は注意です(2人夫婦でも量がちょっと物足りないというレビューもアリ)。

一番値段が高いのはホットクックの2.4Lです。さすが人気なだけありますね。

ここは予算と相談だ!

お手入れが楽なのは?

忘れがちだけどかなり重要なのは「お手入れのし安さ」です。これが面倒だと、結局使わなくなるんですよねー。

お手入れが1番楽なのは断然ホットクック、そして2番目がクックマイスターです。

ホットクックは内釜以外全てのパーツが食洗機で洗えます(現在の取扱説明書には洗えないと書いてありますが、その後の実験で洗えることがわかったそうです)。

クックマイスターは洗う部品が内釜と内蓋の2つだけなので洗うのが簡単です。

煮込み自慢はパーツがたくさんあってかなり面倒くさそうです。

 

次は、総合的に評価した結果を、おすすめ順に紹介します!

忙しい&ワーママにおすすめ!ヘルシオ「ホットクック」

キッチンのスーペースに余裕があって、お財布にも余裕があるなら、断然ホットクックです。

ホットクックは「放ったらかし調理」のための家電です。

  • かき混ぜ棒があるから焦げ付かない
  • 予約調理が出来るから帰宅後すぐ食べられる
  • 内釜以外、食洗機で洗えるから手入れが楽
  • これから人気が出そう

最大の理由は、経済評論家の勝間和代さんがホットクックを持っているからです。ブログでホットクックを使った料理を公開していて、とても購買意欲がそそられるんです。

ということはですよ、これからホットクックを購入する人がたくさん増えて、それをSNSやクックパッド等に書く人が増えますよね。

プロが考えたレシピブックを読むよりも、普通の主婦が作っているレシピの方が作りたくなるし作りやすいです。情報はあればあるだけいいんです。

というわけで、これから人気が出ること間違いなし!のホットクックがイチオシです。

私も置き場所の確保とお財布の中身さえ充実していれば、ホットクックを買いたいです。

初心者向けにおすすめ!シロカの「クックマイスター」

キッチンは狭いし財布の中身はお寒い。そんな私が選ぶならクックマイスターです。

実は、家電量販店で4機種の実物を見た時から、「あ、うちはクックマイスターしか無理じゃん」って思ってたんですよね(笑)。

「予約調理」が出来ないのは残念ですが、それ以外の機能はほぼカバーしていて、なのに値段は他よりも断然安い(約1万円安いです)。 

それに、使いこなせるかどうかわからない新種の家電にいきなり3万円は出せませんが、1万円台なら使わなくてもそう痛くありません(いや、使いますけども!笑)。

  • シンプルなデザイン
  • コンパクトでキッチンで場所を取らない
  • 値段が安い割に機能をほぼカバー
  • パーツが少なく洗いやすい

初心者向けの電気圧力鍋なら、コスパ抜群なクックマイスターがおすすめです。

とにかく簡単に使いたいなら!象印「煮込み自慢」 

口コミや評判を調べると、「簡単に操作できた」「夫でも使えた」と操作性を褒めるレビューが一番多く書いてあるのが象印の「煮込み自慢」でした。

炊飯器と同じデザインなのはそこが狙いなんでしょう。

もう少しスッキリしたデザインにならいいのに…とも思いますが、そこは安定の象印なので(笑)。

そして、重要な3つの機能「予約調理」「無水調理」「圧力調理」、この3つが全て揃っているのは、この「煮込み自慢」だけなんですよね。

根菜類が特にホクホクの仕上がりになるそうです。機能性を重視するなら煮込み自慢がおすすめです。

「時短」にこだわるなら!ティファール「クックフォーミー」

「時短」の点で特に評価されているのがティファールの「クックフォーミー」でした。

時短メニューが用意されており、肉じゃが、ふろふき大根、豚の角煮はなんと30分以内で出来ちゃいます。

他に比べて圧倒的に大容量なので、大家族やまとめて2~3日分作り置きを作りたい人にもクックフォーミーはおすすめですね。

ただ、縦にも横にもとにかくデカイので、スペースの確保はお忘れなく!

まとめ

電気圧力鍋を主婦目線で比較したおすすめを紹介しました。

自分で購入するために調べながら記事を書いたので、こんなに長くなってしまいましたー。ふぅー。

私はというとですね、実はまだホットクックにするかクックマイスターにするかで迷っています。

今人気で買って絶対に間違いない(でも値段が高い)のホットクックにするか、コスパ抜群で入門用にちょうどいいクックマイスターにするか。

購入したらまたレビューしたいと思いまーす。

※追記
結局、シロカの電気圧力鍋「クックマイスター」を購入しました。

控えめに言って最高です!

詳しくはこちら↓の記事で。

電気圧力鍋のおかげで時間に余裕ができましたよ。私の節約術は「お金より時間」です。

料理の時短もいいけれど、実は洗濯の時短も余裕ある時間に効果があります。