効率よく暮らす

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

効率よく暮らす

楽に生きるのが大好きな2児の母。気になるコト、モノ、なんでも試して紹介するブログです。あなたのお役に立てれば。

データ放送にイライラするのって私だけ?dボタンを押せなくできるか調べてみた

広告

f:id:sweet-orange:20160720013906p:plain

最近、子どもがデータ放送の楽しさに目覚めてしましました。dボタンを押すと、ゲームができたり、キャラクターのカードが集められたり、子どもの好きそうな仕組みが満載です。

しかし、ごちゃごちゃした情報が画面周辺にあり、肝心の放送内容の画面は小さくなります。見ていてとてもイライラします。

このdボタンを押せなくする方法があるか調べてみました。

知恵袋での回答

検索したところ、「Yahoo!知恵袋」の質問と回答が見つかりました。

質問:

地デジのデータ放送は見れなくする方法はありますか?子供がデータ放送で遊んでばかりなので、どうにかして見れなくしたいので、何か良い方法を教えていただけないでしょうか?

 回答1:

地デジのデータ放送は消すことはできません!

 やっぱり消せないんですね。

回答2:

純正のリモコンは使わずに汎用リモコンを使うとか 

引用元:地デジのデータ放送は見れなくする方法はありますか?子供がデー... - Yahoo!知恵袋

 dボタンの付いていないリモコンにするというアイデア、なるほどです。しかし、dボタンの存在に今現在気付いていないようならそれで誤魔化せますが、6歳の息子には通用しません。

番組によってdボタンを押せたり押せなくなったりしたいのですが、そんな都合のいい仕組み、無理ですよね。

データ方法になぜイライラするのって私だけ?

しかし、「dボタン 子ども」や「データ放送 子ども」で検索しても、私のように子どもに押させたくないなんて人、一向に見当たらないんですよね。こんなこと考えるのって、私だけなんでしょうか?

 

データ方法になぜイライラするのか考えてみた

なぜイライラしてしまうのでしょうか?そもそも、テレビもあまり見せない方がいいと言われていますよね。見せてますが(笑)。テレビを見せない方がいいけれど、家事をしたりのんびりしたいし、子どもも見たがってるし、と少し罪悪感を感じながら見せているのに、肝心の子どもが画面に集中せず、リモコンをカチャカチャしているだけなのが目に入って、イライラしてしまうのです。

アニメを見るならちゃんとアニメのストーリーに集中してほしいし、意味が分からないバラエティをデータ放送目当てで見て欲しくないです。

データ放送みんな利用しているの?

こんなアンケート結果を見つけました。

データ放送を利用したことがある人は48.4%でした。しかし、これは社会人500人に聞いたもの。アンケート対象を子どもにしたら、きっともっと多いと思います。 

「Let's天才てれびくん」のデータ放送がすごい

息子が一番楽しみにしているのが「Let's天才てれびくん」です。私はちゃんと見てないのでよくわかりませんが、RPGのような画面が出て全国の視聴している子どもたちで力を合わせてゲームを攻略するような内容(みたい)です。こんなにデータ放送を活用している番組を見たことがありません。息子もかなり熱中しています。ここまで楽しんでいるのなら、データ放送の意味があると思います。

Let's天才てれびくん

朝のEテレはさり気ない

次に毎日楽しみにしているのが、朝の「シャキーン」と「コレナンデ紹介」。番組が終わる2分前になると、ボタン1つで出来る簡単なゲームが始まります。さすがEテレ。なるべく番組内容を邪魔しない工夫がされています。

ドラえもん、クレヨンしんちゃんもこれに似たパターンで、ストーリーの邪魔をしていませんね。

バラエティはえげつない

バラエティ番組は番組中にdボタンを押させる仕組みになっていますね。やっぱり子どもがボタンを押したがるから、それを見越して視聴率を稼ごうという作戦でしょうか?まんまと我が家は引っかかっていますね。「クイズやさいいね」とか「キャラパレード」とか、息子は全然内容を見ずにずっとボタンを押しています。

どうにかして欲しいdボタン

子どもが見るようになるまでは、dボタンなんて何のためにあるのかさっぱりわかりませんでした。ニュースも天気予報も、スマホで見た方が早いですから。プレゼントコーナーも当たらないから興味がありません。

でも、子どもは本当に食い付きます。押すと音が出て画面が変わる、これだけで子どもは楽しいのですから。まんまとテレビ局の策略にのっています。一方、テレビ局の立場に立ってみると、最近の視聴率低下の風潮の中で、こんなにも簡単に視聴意欲を沸かせられる方法はないですね。

しかし、こんなにdボタンについて熱く語っているのは、きっと私だけなんでしょうね…。