効率よく暮らす|子育て・節約・時短家事を日々研究するミニマリストな40代主婦のブログです

楽に生きるのが大好きな2児の母。気になるコト、モノ、なんでも試して紹介するブログです。あなたのお役に立てれば。

『あなたよりちょっとマシな私でいたい。』の(ネタバレ有り)感想。主婦にも独身にも刺さる”あるある”が満載!

スポンサーリンク

雑誌「LDK」で連載中の『あなたよりちょっとマシな私でいたい。』という漫画が面白くてハマっています!

作者は映画にもなった「美人が婚活してみたら」の原作者、「とあるアラ子」さんです。

ざっくり内容を言うと、「子持ち専業主婦」VS「独身OL」の友情ストーリー。

この「主婦VS独身」って昔からよくある設定だけど、この『あなたよりちょっとマシな私でいたい。』はセリフや設定が妙にリアルで、胸にグサグサ刺さる場面が何度もあります。

ぜひ、読んでみて欲しい!

これまでのストーリーや私の考察を書きたいと思います。

f:id:sweet-orange:20190504151116p:plain

『あなたよりちょっとマシな私でいたい。』のあらすじ

 登場人物

<ナツミ>

  • 子持ち専業主婦(⇒後に冬子の紹介でパート)
  • ナチュラルにマウンティング発言をする(本人に悪気はない)

<フユミ>

  • 独身OL
  • 1人でいるのに慣れ過ぎて結婚願望はない 

これまでのあらすじ

ナツミとフユミは高校時代からの友達。

ナツミは夫が浮気をしているのに気づいてしまい、ショックで精神的におかしくなり浪費して借金まで作ってしまう。

それを聞いたフユミは、「まずは夫さんと距離を取りなよ、娘ちゃんを育てるのはナツミしかいないんだから!」と自分の家に泊まらせる。たまたま会社でパート社員を探しているのを聞き、ナツミを紹介する。

久しぶりの仕事に、専業主婦では感じられなかった充実感を得るナツミ。いつかは正社員になりたい、そしたら離婚も出来る、と願望を抱く。

そんなナツミに正社員の話しが出るが、フユミはそれを「ナツミは正社員になりたくないと言っていました」と潰してしまう。

ナツミにその話が伝わり、「子育てしながら就職するの大変なんだよ?友達なら足引っ張らないで助けてよ!」と言われてしまう。

「今まで散々助けてあげたのに」「子育ては大変かもしれないけど助けてもらって当然な態度ってどうなの?」「独身だって大変なのに…」とモヤモヤが消えないフユミ。

くやしさから何となく婚活パーティーに行くフユミ。トントン拍子に上手くいき浮かれて迎えた初デート、待っていたのはマルチ商法の勧誘だった!

騙されたことに泣き笑い、こんな時に家で誰かと話が出来たらと、やっぱり結婚したいと思うフユミ。

フユミの元に久しぶりにナツミから連絡が入る。

また夫の浮気が発覚。今度はナツミが実家に帰っている間に浮気相手が家に上がり込んでいた様子。いよいよ離婚を決意する。

「証拠を掴んで慰謝料を取ろう!」とナツミの力になることを決意するフユミ。

しかし尾行しているところを気付かれ、浮気相手の女に激怒され窮地に。そんな時にちょうどナツミからLINEが入り、「やっぱり離婚しない。独身のフユミにはわからないだろうけど」と…。

『あなたよりちょっとマシな私でいたい。』の感想

”マシ”って言葉のセンスが絶妙

まず、タイトルが秀逸ですよね。

人より幸せになりたい!とか、不幸になって欲しい!とまでは思わないんだけど、
身近な人の成功を聞くと何だか心がざわざわ、それに比べて自分は…、と落ち込むことってよくあります(よね?)。

「ちょっと”幸せ”」ではなく、

ちょっと”マシ”

って言葉のチョイスがとてもしっくりきます。女性の複雑な胸中をよく表しているなと思います。

そしてこういう気持ちって、自分の現状に満足していない時ほど強く感じるんですよね。

フユミも、ナツミが窮地に立たされていると(浮気が発覚)身を削って助けてあげるんだけど、ナツミが成功しそう(正社員登用)になるとつい阻んでしまいます。

その時を振り返った言葉、 

「私には正社員しか誇るものがないから、同じ土俵に立たれたくないなって思って…」

って言葉がすごく印象的です。

自分が何かを失うのではなく、誰かが上がることによって(自分自身は何も変わってないのに)自分が下がって思えてしまう。 

あるあるー。

女の友情って…

私は結婚が遅かったから、独身の気持ちもわかるし、主婦の虚しさもわかります。

私自身に関していえば、主婦と独身とではなかなか友情は続かないんじゃないかなー、と思います。

男の人は独身でも家庭持ちでもそんなに生活は変わらないけれど、女性の場合、今の生活スタイルも、将来のビジョンも、全く違う。

だから共通の話題がなかなかないし、愚痴のつもりが嫌味やマウンティングに聞こえてしまう。本人にその気はなくてもね。

私は独身の友人とはもう数年連絡を取ってないです。その方がお互いにとっていいんじゃないかなと思って…。

女の友情ストーリーっていうと、妬みやひがみがクローズアップされがちだけど、この物語はそうじゃありません。かといって、暑苦しいほどのベタベタな友情でもない。

学生時代、ただ一緒にいて楽しかった友達。そこから就職、結婚、出産と分かれ道があって、立場は離れてしまったけれど。

それでも変わらずお互いの幸せを願ったり、心配したり、付かず離れずそんな関係。ちょっとうらやましかったりして。

女の友情って世間で言うほど悪くないよ?と思える漫画です。

まとめ

『あなたよりちょっとマシな私でいたい。』について紹介しました。

独身も、既婚も、胸にグサグサ刺さること間違いなし!です。

子持ち主婦と独身OLの友情ストーリー、結末がどうなるか今から楽しみで仕方ありません。

 

『あなたよりちょっとマシな私でいたい。』は雑誌「LDK」で連載中です。

雑誌「LDK」はKindleUnlimitedで読むことができますよ。KindleUnlimited は本・コミック・雑誌が月額980円で読み放題のサービスです。1ヶ月に雑誌を数冊購入する人ならすぐに元が取れちゃいますね。

初回30日間は無料で試せるので、よかったらぜひ!