効率よく暮らす

楽に生きるのが大好きな2児の母。気になるコト、モノ、なんでも試して紹介するブログです。あなたのお役に立てれば。

離乳食・中期(9ヶ月)の献立例リアル一週間。簡単手抜きワザで乗り切れ!

スポンサーリンク

ふと思い立って、生後9か月の時の一週間の離乳食を写真に撮ってみました。

離乳食の本を見ると、1つ1つのレシピは簡単だったりするんだけど、これを3食毎日作る(しかも大人のも別に)って、そんなの無理だーーー!と叫びたくなります。

1人目の時は食べない子だったこともあってかなりアタフタしたのですが、2人目の今は「なんだ、こうすればいいんだ」というコツがわかって、すごく楽しく離乳食ライフを送っています。

これから離乳食始めるけれど、毎日の献立をどう組み立てるのかイメージがわからない、そんな人の参考になればと思います。ちなみにかなりの手抜き離乳食なので、「こんなんでいいんだ・・・」と安心してもらえること請け合いです(手抜きすぎだろ!って突っ込みはカンベンな!)。

離乳食を簡単にするための献立ルール

毎日の離乳食を簡単に回すために、私は以下のルールを設定しています。

  • 週末に「自家製冷凍肉野菜ミックス」をまとめて作る
  • 平日の朝は雑炊に固定(冷凍ご飯と「肉野菜ミックス」を一緒に解凍しただけ)
  • お昼は麺類がメイン(これも週末にまとめて作って冷凍)

週末に自家製冷凍肉野菜ミックスをまとめて作る

「自家製冷凍肉野菜ミックス」は、野菜(玉ねぎ、にんじん、白菜など)を刻んだものとたんぱく質(しらすかひき肉)を大量に煮て、小分け冷凍したものです。

時間のかかる野菜は一度にまとめて煮て、それをいったん取り出して分割し、たんぱく質やすぐに火が通る野菜(ほうれん草など)、味付けを後から追加して、冷凍します。

最低でも洋風、和風、しらす入り、ひき肉入り、と4種類は作ります。

冷凍にはリッチェルの小分け容器を使っています。冷凍庫の省スペース化に必須です。

この冷凍野菜肉ミックスがあれば、

  • そのままご飯にかける
  • ご飯と混ぜてお湯でのばして雑炊
  • 豆腐にかけてあんかけ

などのアレンジができます。私の離乳食はほぼこれがメインです。

朝は雑炊、昼は麺類 

毎日3食献立を考えるのって本当にたいへんです。朝は雑炊、昼は麺類と決めちゃえば楽です。

雑炊は炭水化物、たんぱく質、野菜と必要な要素全部入ってるし、食べさせるのも一皿でいいので忙しい朝にぴったりです。

麺類はうどんが多いですが、ケチャップ味のパスタもよく食べます。パスタは普通の麺よりもマカロニサラダ用の早ゆでタイプがすぐに柔らかくなっておすすめです。 

上に書いた冷凍肉野菜ミックスを作るついでに作ってしまえば、ますます時短になります(しかし大量に作りすぎてぐったりしますけども!)。

 離乳食・中期(9ヶ月)一週間の献立例

それでは実際の離乳食を一週間写真に撮ったので公開します。肉野菜冷凍ミックスを使ったメニューは太字にしました。

※急に写真を撮ることを思い立ったので、中途半端に土曜日のお昼ごはんから開始しています。


f:id:sweet-orange:20170118121224j:image

  • ミートパスタ(ひき肉、玉ねぎ、にんじん)
  • じゃがいも、トマト

f:id:sweet-orange:20170118121217j:plain
  • お粥
  • 鍋取り分け(豚肉、白菜、にんじん)
  • ポテトサラダ

ポテトサラダはお昼の取り分けてあった残りにマヨを足してラップで丸めた。


f:id:sweet-orange:20170118121204j:image
  • フレンチトースト
  • トマト

大人の朝ごはんがフレンチトーストだったので同じものを。
でもあまり食べなかった。


f:id:sweet-orange:20170118121150j:image
  • 豆腐の野菜あんかけ
    (前日の鍋取り分けを冷凍したもの)

 画像なし
  • 出掛けていたためベビーフード

f:id:sweet-orange:20170118121143j:image
  • 雑炊(鶏ひき肉)

 

f:id:sweet-orange:20170118121131j:plainf:id:sweet-orange:20170118121124j:plain

  • 雑炊おやき
  • ブロッコリー、トマト
  • うどん

おやきは朝ごはんで残った雑炊に小麦粉混ぜて焼いたもの。
でも全然食べなかったから急きょうどんを解凍して追加。


f:id:sweet-orange:20170118121112j:image
  • お粥
  • 野菜あんかけ
  • 味噌汁(豆腐)

f:id:sweet-orange:20170118121058j:image
  • しらす粥
  • にんじん、さつまいも

f:id:sweet-orange:20170118121048j:image
  • 雑炊(しらす)
  • 雑炊おやき
  • さつまいも

(前日のおやきが食べなかったのでリベンジ、やっぱり食べなかった)


f:id:sweet-orange:20170118121037j:image
  • お粥
  • 豆腐の野菜あんかけ
  • 味噌汁
  • トマト

f:id:sweet-orange:20170118121033j:image
  • 雑炊(鶏ひき肉)

f:id:sweet-orange:20170118121030j:image
  • うどん(鶏ひき肉・にんじん・ほうれん草)

f:id:sweet-orange:20170120061807j:image
  • お粥
  • じゃがいもの野菜あんかけ
  • 味噌汁(玉ねぎ、豆腐)

f:id:sweet-orange:20170120061759j:image
  • ミルク風味パスタ
  • かぼちゃ

f:id:sweet-orange:20170120061748j:image
  • うどん(しらす・ほうれん草、にんじん)

f:id:sweet-orange:20170120061742j:image
  • お粥
  • 豆腐の野菜あんかけ
  • 味噌汁
  • ブロッコリー

f:id:sweet-orange:20170120061814j:image
  • 雑炊(しらす)

f:id:sweet-orange:20170208025303j:image
  • パン
  • パン雑炊(鶏ひき肉)

(冷凍ご飯が切れていたため苦肉の策)


f:id:sweet-orange:20170208025500j:image
  • お粥
  • 豆腐の野菜あんかけ
  • ブロッコリー、トマト

f:id:sweet-orange:20170208025647j:image
  • うどん(ひき肉、ほうれん草) 

ほぼほぼ冷凍肉野菜ミックスで回ってますね。

離乳食を簡単にする小ワザ

その他に離乳食を簡単にするために私が気を付けていることを紹介します。

大人メニューからの取り分けは考えない

離乳食本にはよく、「大人の食事から取り分ければ簡単!」なんて書いてありますが、私にはこれは難しいです。離乳食から取り分けられることを前提に考えると、大人用の料理を何を作っていいかわからなくなっちゃんですよね。

だから取り分けはあえて考えず、大人用の料理を作りながら「あ、これ取り分けれるかも!」と思いつけばラッキー!ぐらいに考えています。

マンネリ打破は副菜で

大人からすると、毎日同じような物を食べると嫌かなー?とマンネリを心配してしまいますが、上の献立一週間を見てわかるように、同じような献立でも食べます。

逆に、目新しい物をがんばって作った方が全然食べなかったりします。そうするとかなり凹みます。食べさせるものがない!って焦っちゃうし。

なので、メインの食事はいつものものを用意し、副菜で変化を出す、これでマンネリを解消するのが一番楽だと思います。

 ご飯を炊く時はついでに野菜を投入

上の献立例に登場しているにんじん、さつまいも、かぼちゃは炊飯器でご飯を炊く時に一緒に入れて蒸しています。にんじんはそのまま、さつまいもとかぼちゃは色移りが気になるのでアルミホイルで包んでいます。

これで手づかみ食べべニューが出来上がりです。火加減を見なくていいし、じっくり火が通るし、炊飯器でご飯を炊く時はぜひ野菜も一緒に入れてみてください。

おわりに

離乳食・中期の献立例リアル一週間を紹介しました。

離乳食で一番大事なことは「がんばりすぎない」ことだと思います。大人とほぼ同じ物が食べられるようになるばであと少し。一緒に乗り切りましょう!