効率よく暮らす

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

効率よく暮らす

楽に生きるのが大好きな2児の母。気になるコト、モノ、なんでも試して紹介するブログです。あなたのお役に立てれば。

赤ちゃんと幼稚園児と過ごす夏休みの過ごし方。とにかく家事をしないで乗り切った。

広告

Come back to Summer Days ! Feliz Quinta Flowers !

本日、ようやく幼稚園がはじまりました。ワーイ!パチパチパチ。

でもね、初日は午前中帰りだから11時にお迎えでした。ズコー!

朝の空気と静かな部屋、何日かぶりに味わったこの静寂に感激し、布団に転がり一息つき、そして何もしないままお迎えの時間となりました。←掃除しろー!

私の本当の夏休みの終了は、明日からになりそうです。そんなわけで、この夏休みの振り返りと、今後に生かすべく反省をしたいと思います。

私の育児環境

6歳の息子がいて、この春に赤ちゃん(娘)が生まれ、子ども2人と長期休暇を過ごすのは初めてです。どうなっちゃうんだろうと、かなり不安でした。

夫の帰りは毎日11時半です。子どもとは朝食の時にちょっと喋るくらいで、平日の育児参加はゼロです。私がたまに夜遅くまで起きていると少しだけ会話がありますが、帰って即効でお風呂に行き、自分の部屋で仕事の続きをするので、会話も短いです。

実家は遠方なので、平日は頼れません。夫の実家はすぐ隣なのですが、全く孫を見に来ることがありません。回覧板を回しに来ても、渡すだけですぐに帰るので、孫と顔を会せたのは夏休み中トータルで5分以下です。

つまり、平日は完全に私一人きりで子ども2人を見ています。

とにかく家事をしない、しない!しない!

まだまだ構ってちゃんの息子と、いつ泣くかわからない乳飲み子と、どう夏休みを過ごそうかと考えたら、子どもにかける時間を最優先して、家事の時間を最小限にすることだと考えました。

そこで考えた、私のしない家事です。

  • 洗濯物をなるべく干さず、ドラム式の乾燥機能を有効活用。
  • 洗濯物を畳まない。くるっと丸めてポン!
  • 副菜は作らない。一汁一菜で栄養が取れればOK!
  • お惣菜やレトルトに頼る。無理はしない。
  • 定期的な掃除はしない。汚れが気になったら掃除する。

こんな風にしてみました。

これまで、「やらなきゃ、やらなきゃ⇒できなかった、反省」と日々落ち込んでいたのが、「やれる時にやる、やれなそうならやらない」と考えを変えるだけで気分が違いました。

1ヶ月半くらい家事をしなくたって死なない!そのぶん、9月からは大掃除だ!

ポケモンGOに助けられた日々

6歳ともなると、母親と2人だけで遊ぶのはつまらなく感じます。公園に行っても誰もいません。そこでポケモンGOですよ!

ポケモンGOのおかげで近くの公園で誰もいなくても楽しめました。ママ友いない親子の救世主かもしれません。ありがとう、ピカチュー。まだ出てないけど・・・。

1人より2人の方が楽だった

子が2人いたら、2倍疲れるんじゃないかと思いましたが、全然そんなことありませんでした。昨年までは、「この子の貴重な一日を有意義に過ごさなければ!」とガチガチになっていたのですが、2人いることで私の意識が分散され、がんばり過ぎることが防げました。

0歳と6歳なので2人で遊ぶことは無理ですが、子どもが2人いるってそれだけでいいですね。

家事をしなさ過ぎて人を呼べなかった

当初は、幼稚園前に遊んでいたお友達を呼ぼうと思っていたのですが、「家事をしない」と決めたおかげで人を呼べる状態になく、誘うことができませんでした。余力があるうちに、夏休みに入ってすぐに誘った方がよかったですね。これは反省点です。

まとめ

赤ちゃんと幼稚園児と過ごした夏休み、家事をしないと割り切ることでなんとか乗り切れました。

夏休み最終日、お昼ごはんを作ろうとしたらなぜか涙がこみ上げてきたんです。辛かった、なんとか乗り切った、明日から解放される!そんないろいろな思いがこみ上げて、ついお昼ごはんを作る手を止めて、お湯を沸かしました。・・・カップラーメン!禁断のお昼ごはんに手を付けてしまいました。

そんなこんなで終わった夏休み、来年はもう少し遊びに連れて行けるようにがんばるぞ!