効率よく暮らす

楽に生きるのが大好きな2児の母。気になるコト、モノ、なんでも試して紹介するブログです。あなたのお役に立てれば。

なすの下ごしらえの方法。電子レンジで簡単にジューシーななすができる!

スポンサーリンク

8/7放送のTBS「この差ってなんですか?」は、なす料理の特集でした。

その中で「なすの味噌炒め」を作っていましたが、下ごしらえの時に電子レンジを使っていました。その方法は初めて知ったので、自分でも試してみました。

これがとても、

簡単&おいしい。

 料理に「簡単」は外せない要素ですよね!

今までいろいろななすの下ごしらを試しましたが、もうこの方法で決まり!電子レンジを使用した、なすの下ごしらえの方法を紹介します。

なすの下ごしらえの方法

  1. なすを乱切りにする
  2.  耐熱皿に並べて、ラップをして3分加熱する

これだけです!

作ってみた

f:id:sweet-orange:20160819091037j:image

今回は麻婆茄子を作りました。味噌炒めも作ったのですが、その時はまさかこんなにおいしくなるとは思わず、写真を撮らなかったんですよねー。

麻婆茄子の下ごしらえもこの方法でOKでした!

食べてみた

今まで自分で作ったなす料理の中で、一番成功しました!今まではなすを炒めるとベチャっと水っぽくなってしまったのですが、これからはこの下ごしらえのおかげで失敗知らずになりそう!

なすの下ごしらえのポイント!

乱切りでジューシー

乱切りにすると表面積が大きくなるので、味がしみこみやすくなります。そして厚みがあるのでとてもジューシーに感じます。

今まで私は輪切りにしていたのですが、それだとジューシー感に欠けるのですよね。

レンジ加熱で火の通りが早い

レンジであらかじめ加熱することによって、早くまんべんなく火が通ります。乱切りにすると厚みに差ができてそれが失敗に繋がると思うのですが、それを防ぐことができます。

簡単、手間無し

今までのなすの下ごしらえは、塩水に浸けたり、塩をふって水分を拭きとったりという方法をしていました。それだと時間がかかるし、水分を拭きとるのもたいへんでした。レンジ加熱のがだんぜん簡単で手間無しです。

まとめ

このように、乱切り+レンジ加熱の合わせ技で、ベチャっとならずにしっかりとし、それにとてもジューシーな「なす」になりました。