効率よく暮らす

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

効率よく暮らす

楽に生きるのが大好きな2児の母。気になるコト、モノ、なんでも試して紹介するブログです。あなたのお役に立てれば。

酢生姜と酢玉ねぎの作り方、おすすめの食べ方もご紹介♪

広告

サタデープラスで紹介された「酢しょうが」と「酢玉ねぎ」

「サタデープラス」という番組が好きです。土曜日の朝8時からやっている、関ジャニの丸山君と小堺さんとこじるりちゃんがやってる健康情報番組です。

余談ですが、土曜日の朝ってどうして似たような雰囲気の番組になるんでしょうね?ゆるーいグルメ&旅情報ばかりで、朝からこっちまでゆるゆるだらだらなっちゃいます。その点、サタデープラスはサクサクと情報が展開して、「これよ、こんな番組を待ってたのよー」とお気に入りです。

www.mbs.jp

そんな話は置いておいて、この番組でやっていた「酢しょうが」と「酢玉ねぎ」。作ってみたら、健康効果そのことよりも、料理として使い勝手がよく、これは時短家事になる!ということで、より簡単にした自己流作り方と、おすすめの食べ方を紹介します。

「酢しょうが」と「酢玉ねぎ」は若返りに効果あり

 「酢しょうが」と「酢玉ねぎ」、どちらも血管年齢を若返らせる効果があるようです。10日間毎日食べ続けて血液検査をしたら数値が上がった(下がった?)!なんてやっていましたが、ま、話し半分で。健康情報って本当にいろいろありますからねー。

保存期間は1週間ぐらい

私がここで注目したのは保存期間です。どちらも酢に漬けておくことで1週間ぐらい持つようです(番組やサイトによって書いてあることがまちまちなので1週間ぐらいとしました)。私が実際に使ってみた感じとしても1週間は全然問題ないし、それ以上の10日間くらいでも大丈夫でした(でも自己責任で!)。

 ということは、作り置き食材として時短料理に役立つんじゃない?

フードプロセッサーを使えば簡単

「すりおろし」「みじん切り」と聞いただけで遠い目になります。しかし、フードプロセッサーを使えばいいのです。一度に2種類いっぺんに作っちゃえば洗い物も一度でいいし!

これに気付いた私はこの「酢しょうが」と「酢玉ねぎ」作りをもう3か月も毎週続けています。

一番簡単な作り方 

面倒なので全部目分量でやってます。

 

 1.フードプロセッサー(我が家はマルチクイック)に生姜1個を適当に切ったものを投入。

f:id:sweet-orange:20160609124632j:image

2.スイッチを入れてガーッ!
f:id:sweet-orange:20160609124641j:image
3.生姜を容器にどかしたら、続けて玉ねぎ1個もガーッ!
 (ここでいちいち洗わない)
 
4.それぞれ保存容器に入れたものに、浸るぐらいのお酢と、はちみつをひと回し。
f:id:sweet-orange:20160609124706j:image
4.出来上がり!
f:id:sweet-orange:20160609124714j:image

※無印のシリコーンジャムスプーンで側面に付いた野菜をこそげ落としながらフープロを回すと全体的に大きさが揃います。
 
※おすすめの大きさは、生姜はかなり細かく(料理に使いやすい)、玉ねぎは荒みじん切り(食感がいい)です。
 
※フープロを回す時、お酢を入れると側面に飛び散る量が少なくなってより細かくなりやすいです。生姜の場合はそうしてます。

時短になる使い方、ポイント

◆酢しょうが

おろし生姜として使えます。冷ややっこにのせたり、焼いた油揚げにのせたり。レシピに「おろした生姜、少々」そんなのいちいちやってられるかー!な時もこれを入れるだけ。だから中華料理系の炒め物も楽ちんです。生姜焼きの下味にも使えます。

◆酢玉ねぎ

サラダにかければ玉ねぎドレッシングのように使えます。ごま油を足せば中華風サラダ、オリーブオイルを足せばイタリアン。ただの切った野菜が手の込んだサラダに!

おすすめの食べ方

 ●千切りキャベツにのせて

千切りキャベツに「酢しょうが」と「酢玉ねぎ」を両方のせるだけ。マヨネーズいらずで食べられます(もちろんマヨと食べても!)。

●納豆ご飯に

一人っきりの平日お昼ごはんにいちいち料理なんてやってられない。そんな私の定番は卵かけ納豆ご飯。でもなんだか野菜が足りないわー。そんな時に「酢しょうが」と「酢玉ねぎ」を両方のせればあら簡単、野菜2種食べたよー!

まとめ

健康効果があって、時短料理の助けになって、簡単に作れる、こんなにいいことはないですよね!料理に後から追加できるから、お子さんがいて生姜を食べられない家庭にもおすすめです!

 

時短家事の参考に(トラコミュ)

時短家事の工夫
シンプルで機能的な生活